舞鶴市立八雲小学校

  沿      革

明治 6年  中山村祥雲寺を以って仮校舎にあて中山校  開校
    8年  丸田村、八田村、大川村は八田村字家中を新
        築して、八田村校開校 三日市村、上東村は藤津神社篭堂にて開校
昭和 7年  八田、中山両校合併 八雲尋常高等小学校と称す
   21年  加佐郡八雲村立八雲小学校と改称  
   30年  加佐町立八雲小学校と改称  
   55年  給食室竣工  
平成 5年  福祉協力校指定を受ける   
    6年  「さわやか賞」受賞  
         「ユネスコ教育賞」受賞
   10年  子ども郵便局の活動に対し、郵便大臣より表彰を受ける
   13年  学校アドバイザー連絡会設置  
   15年  舞鶴市教育委員会指定研究実践校として、生活科・総合的な学習
                  の時間研究発表会実施
平成16年  台風23号による校区被害
平成17年  八雲秋季大運動会開催
          ( 学校・公民館・PTAの三者合同開催初年度)
平成18年  複式学級開設、交通安全表彰、歯の健康優良表彰
平成20年   特別支援学級開設
        舞鶴市教育委員会指定研究実践校として、「算数科教育研究発表
                 会」実施
平成21年  フッ化物洗口開始
平成22年  電子黒板1台、大型地デジテレビ3台設置
平成22年  コミュニティースクール運営協議会研究指定を受ける。   

Copyright(C) 舞鶴市立八雲小学校. All right reserved.